健康と美容を守るためのアイテムに含まれる成分のこと

通販で使い続けられる魅惑のグッズとは

原因

お尻にニキビができる原因

意外と悩んでいる人が多いのが、お尻にできるニキビです。お尻にニキビがあると、椅子に座った時に痛い思いをします。 そもそもニキビができる原因は、夏などに衣類で蒸れてしまうからです。お尻は皮脂量は少ないですが、通気性が悪いと蒸れやすいです。よって、お尻の皮膚に汗や皮脂が付着しやすくなり、ニキビができやすくなります。 また、その他にも角質が溜まることも原因です。そもそもお尻は皮脂量が少ないので、他の部位よりも乾燥しやすいという特徴があります。それで、古い角質がどんどん溜まりやすくなります。角質が固くなりると皮脂が排出されずらいので、ニキビができてしまいます。角質ができやすいのは、事務仕事など座る時間が長い方に多いです。そのような方は、椅子にクッションをつけるなどの工夫をしてみると良いです。

効果的に治療をするには

お尻ニキビを効果的に治すには、食生活が大事になります。普段仕事で忙しいと、ついつい外食の機会が多くなります。外食では、脂分の多い食品、糖分の多い食品がほとんどです。それらの食品は皮脂を多く分泌するので、毛穴の詰まりを引き起こしてニキビをできやすくします。ニキビを改善して肌を綺麗にするには、食事でビタミンB群や大豆イソフラボンをとると良いです。 また、お尻のニキビ治療には常に患部を清潔に保つことが大事です。アクネ菌が繁殖しないように、こまめに消毒用エタノールで拭くといいです。 それと、蒸れを防ぐ為に、お尻の通気性をよくする事も大事です。そのためには、ガードル、化繊の下着も控えて、常に綿のパンツを着用すると良いです。